残されたエビに涙

 道徳の教科書に「残されたエビに涙」という教材があります。  東南アジアでは、エビの養殖が盛んで、多くを日本に輸出しています。そのため、現地の人々は、自分たちが養殖しているにもかかわらず、エビを食べることが、なかなか叶わない状態です。  ある日、東南アジアの子どもたちが日本に来て、パーティー会場で、エビがたくさん食べ残されている光景…
コメント:0

続きを読むread more

自分史

 新聞の広告欄に「自分史を作り本にしませんか。」というのがありました。  もしも、自分史を作ったとしたら、どんなものができるかと考えてみました。  ○○年 小学校卒業・・・  ○○年 高校卒業・・・  ○○年 就職・・・  ・・・・・・・  何ともありふれた、大きな不幸せを感じたこともなく、空欄の多い自分史になるなと…
コメント:0

続きを読むread more

 うちには愛犬がいます。もう17歳になります。  朝、6時頃に起きて、外でトイレに行かせると、それからまた寝ます。7時半ごろ、連れ合いが朝食のとき、ボーロを食べます。そして、また寝ます。  正午前ごろ起きて、「ワン、ワン」と鳴き出して、好物のサツマイモの茹でたものやジャーキーを要求し、食べます。すると、また寝ます。昼間は、こうして、…
コメント:0

続きを読むread more

偉人

 安倍首相がお辞めになることになりました。これまでに、なされた施策についての評価は分かれるところですが、一国の首相として、また、コロナ禍への厳しい対応が迫られる中、きっと、国民によかれと思われてされてきたことと思います。お辞めになった後は、ご病気が平癒されますように願っております。  道徳の教科書には、多くの偉人の方々のお話が載っ…
コメント:0

続きを読むread more

いじめ

 アメリカで、黒人差別に対する抗議行動が起こっています。  1863年リンカーンの「奴隷解放宣言」から100年後、1963年キング牧師による「I have a dream.」の演説、それから、さらに57年の今・・・。この間、差別撤廃への教育や啓蒙活動などの様々な動きがあったでしょう。でも、なくならない。人のテリトリーという人格の中に、…
コメント:0

続きを読むread more

ソーシャルディスタンス

 少し前、どこかの国の方が、直径2メートルほどの浮き輪を肩からかけて、屋外で酒宴を開いているニュースをみました。話しかけようとしたり、お酒を注ぎにいこうとしたりしても、相手との間に浮き輪があるので、自ずとソーシャルディスタンスがとられるという仕組みでした。これはおもしろい、よく考えたと思いました。  そこで、私たちは、このような浮…
コメント:0

続きを読むread more

ピエロの心

「いいか、大王様がご覧になるのは、いつも1時間と決まっているんだ。今年、割り当てられたのは、空中ブランコと馬の曲芸、そして、私の演技だ。調子に乗って時間を伸ばすんじゃないぞ。」 「また、お説教か。ああ、分かったよ、あんたも大王様の前でいいところを見せたいということだろ。」  大王様がお着きになり、演目が始まりました。ブランコ乗りのサ…
コメント:0

続きを読むread more

ヒロシマ

「原爆ドーム前」駅に着いたのは、午前11時頃でした。久しぶりの広島でした。  少し歩くと、ビルの端から、圧倒的な威圧感でドームがぬうっと現れ、「何しに来た?!」と問い詰められました。  供養塔に行くと、佐伯敏子さんが、子どもたちを前に語っておられました。子どもたちの顔を見ながら、一語一語、丁寧に語っておられました。  その…
コメント:0

続きを読むread more

品位

 やってしまっていました・・・。 煮物を鍋のまま食卓に出して食べていました・・・。 お風呂から上がり、下着のままウロウロしていました・・・。 袋菓子を小皿に取り分けずにそのまま食べていました・・・。 佃煮のビンに直箸で突っ込んでいました・・・。 その他にも、心当たりのことが諸々あります。  向田邦子さんが、中学校道徳…
コメント:0

続きを読むread more

新「手品師」発問

 しょんぼりしている子ども。 「どうしたんだい。」  聞けば、家庭事情で一人ぼっちだと言う。 「いいものを見せてやろう。」  手品を見せれば笑顔が戻った。 「明日も来てくれる?」 「もちろん。」  その夜、売れない手品師に大劇場での出演依頼の電話が鳴った。 「今すぐ、こっちに来ると明日の出演に間に合うぞ。」  どう…
コメント:0

続きを読むread more

敬意を表す

 藤井新棋聖、おめでとうございます。すばらしい。  一方、敗れた渡辺二冠の「負けました。」という潔い一言。心中、さぞかし、様々な思いがあるにもかかわらず、それを臆面にも出さず、その後の感想戦まで続けていく見事な態度。  剣道にも相通じるものがあります。勝敗が決まった後、両者、感情を表情には出さず、汗を拭い、息を落ち着かせながら、防具…
コメント:0

続きを読むread more

閻魔様も、お天道様も

「嘘をつくと閻魔様に舌を抜かれるよ。」「遅くまで起きているとオバケが出るよ。」 小さいころよく言われたものです。  よい行いをしようとすると、自分の弱い心がそれを阻むことがよくあります。それでも、よい行いをするには何らかの心の力が必要です。カントは、それを道徳法則への尊敬の念と言っていますが、なかなかハードルが高いので、私は、そ…
コメント:0

続きを読むread more

あこがれ

 小・中学校の道徳の教科書には、「憧れ」がたくさんあります。  私に道徳性があるとするならば、そういう「憧れ」から学んだり、「真似をしてみたい。」と思ったりしたことで身に付いたと思うほどです。  例えば、こんなお話が載っています。  電車の車内を空き缶がコロコロと右に左に転がっている。乗客は素知らぬ顔。主人公も、その行方を目で…
コメント:0

続きを読むread more

自分にできること

 今回のコロナ禍にあって、多くの人が、「コロナ禍の一日も早い収束のために」「自分にできること」を問いかけました。  これからのSDGsにおいても、「自然環境保全のために」「自分にできること」をみつけていこうという意識をもつ必要があります。  このように、「自分にできること」という問いが、今とこれからの時代の重要なキーワードになると考…
コメント:0

続きを読むread more

道徳性をみつめる

「自粛警察」という言葉がよく聞かれるようになりました。自粛要請に従っていないお店に対して、「どうなっているのか。」と言いたくもなるかもしれません。  中学校の道徳学習指導要領には次のように書かれています。 遵法精神、公徳心 「法やきまりの意義を理解し、それらを進んで守るとともに、そのよりよい在り方について考え、自他の権利を大切…
コメント:0

続きを読むread more

道徳にもとづく生き方

 私たちの生きる目的は、「人として幸せに生きる(生きた)喜びを感じること」です。  その目的に向けて歩んでいく生き方は、いくつかの道があります。そのうちの一つが道徳です。文字通り、「徳」をもって生き方の「道」を歩むということです。つまり、道徳にもとづいて生きていくと「人として幸せに生きる(生きた)喜びを感じる」人生を送ることができると…
コメント:0

続きを読むread more

思い描く2

 おうちで道徳の教科書を読みましょう。  読み終わったら、誰かが先生役になって質問しましょう。進め方のポイント・・・。 ① 主人公は、お話の中で、喜んだり悲しんだり、がんばったりくじけたりします。その思いや考え方を質問します。 ② 質問の数はお話の場面ごとに3~4です。場面は挿絵を参考にするのもいいです。質問は教科書にも載って…
コメント:0

続きを読むread more

思い描く

 小さかったころ、ヒーローといえば、エイトマンやウルトラマンなどでした。番組が終わると、私はエイトマンになり、目の前に見える悪者に向かって「トー。」と言いながらやっつけていました。ヒーローはいつも正義の見方です。  今まさに見えない敵、新型の感染症と戦っておられる人たちがいらっしゃいます。  医療従事者の方、行政・保健所の方、営…
コメント:0

続きを読むread more

よりよく生きる喜び2

「人間は欲望の奴隷と化した。」(2.25「欲望の時代」マルクス・ガブリエルNHK)  しかも、その欲望は、本能的なものではなく、社会が作り出したものだというのです。クッキーやイチゴの上から、チョコレートなどをたっぷりとかける店の映像を見て、氏は、「これはおいしいものだと刷り込まれている。文化的に作られたもの。古代ギリシアの人々が見たら…
コメント:0

続きを読むread more

よりよく生きる喜び

 この世の中には「無道徳主義者」(ヘア)という人もいます。道徳的な価値観がなくても生きていけます。  そういう人たちに比べて、道徳的な価値観をもった生き方をした方が、より喜びに感じて生きることができる・・・ということが実感できるような人でありたい、また、子どもたちも、そういう人に育ってほしいと願うばかりです。そのためには、道徳教育や道…
コメント:0

続きを読むread more